ネットワークカメラの用途

ネットワークカメラを使用することで、様々な状況においてリスクを低減したり、運営コストを低減したり、種々改善に役立てたりすることができます。マンション等の集合住宅では、ゴミの不法投棄やゴミ出しルールが守られない場合や、見知らぬ人とのエレベータの乗り合わせ、駐車場の車に対する車上荒らしやいたずら、自転車泥棒等の不安があります。このような不安を防止し、発生した際には証拠として提出することができます。

工場などの生産現場では、製造ラインの生産状況の監視や、作業者の動きの把握、作業状況の確認、危険作業ないか等の調査ができるため、生産性の向上や安全対策の改善に役立ちます。ショッピングモールやイベント会場等で、混雑状況を遅滞なく把握することで、入場制限や、必要に応じて対応スタッフを増員することで、混乱や事故を未然に防ぐことが可能となります。

フランチャイズ店等では、店舗の様子を本部で確認しながら、商品陳列の指示を出したりすることで、効率的な運営が可能となります。また、レジの状況を録画して、受け渡し時のトラブルが発生した際の証拠としても利用できます。コインランドリーやガソリンスタンドなどでは、本部で一元管理することで、店舗運用状況やトラブル発生時の状況保存が行えるため、無人での運営が可能になり、運営コストを下げることができます。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket